Original

ペニンシュラキッチンとは?

ペニンシュラキッチンとはどんな形でしょうか?

ペニンシュラキッチンの定義やメリット・デメリットやどんなデザインがあるのかご紹介します。

1.ペニンシュラキッチンとは?

 

-ペニンシュラキッチンの定義-

ペニンシュラキッチンとは、キッチンの左右のどちらかが壁に接している対面キッチンのことを指します。片側が壁にくっついていて半島のような存在になるため、ペニンシュラ(半島)キッチンという名前がついています。

-メリット-

開放感がありつつもアイランド型よりもスペースを節約することができまるので、取り入れやすいキッチンです。また、壁側にコンロを設置することが多く、油はねなどのお手入れの面も手間がかかりません。換気扇は壁付けタイプの換気扇を使用しますこでアイランド型よりもコストを抑えることができます。

-デメリット-

開放感は若干落ちる点、出入りがどちらか一方のため家事動線が少し長くなる点を除けばアイランドキッチン同様に使う事ができます。

手元が見えるタイプを楽しめる方は良いですが、手元を隠したい、綺麗に保つ自信がないという方にはおススメしません。

では、施工例を見ていきましょう。

2.ペニンシュラキッチンの施工例

キッチンとダイニングが横並びなので、家事動線も良いですね。また、ペニンシュラキッチンが付いている壁の後ろにはママコーナーが。

壁があるからこそ、隠せる空間に食品庫やママコーナーを作ることができます。

片側が壁についてはいるものの、両側からの出入りが可能です。

また、キッチンをリビングよりも一段下げて作っているので、リビングで食事をする家族と目線が合うようにデザインされています。

カウンターの奥行きが広いペニンシュラキッチンは、イスを置けばキッチンもカウンターテーブルとして使う事ができます。

忙しい朝はパッと朝ご飯を済ませたい時に便利ですし、夜はバーカウンターとしても使えますね。

こちらはコンロの前に袖壁をつけたペニンシュラキッチン。リビング・ダイニングからはレンジフードが見えず、IHの周辺は壁があるのでお料理の臭いも流れにくいのがメリット。

ダイニングテーブルを繋げると作業台にもなるので、お菓子作りなどの時には大変便利です。

まとめ

アイランドキッチン同様に、開放感とスタイリッシュ感は抜群のペニンシュラキッチン。

アイランドキッチンは、センターフード型の換気扇がかなり高級品ですので、その点ペニンシュラにすることで換気扇のコストを抑えることができます。

キッチンは毎日家族が何も言わなくとも集まる場所。そんな空間を素敵に、実用的に過ごせることこそ、ペニンシュラの魅力かもしれません。

■■■■■関連記事■■■■■

キッチンの種類について

ママのあこがれ「ママコーナー」とは?

ママが喜ぶ家事動線

アイランドキッチンとは?

IETATEYO!編集部 加藤

IETATEYO!編集部 加藤

家づくりはちんぷんかんぷん!ですよね。お客様の目線に立って、かゆいところに手が届く情報発信をしていきたいと思います。 一生に何度とない家づくりの体験を、忘れられないくらい楽しい時間に♪が目標です。 家は暮らしのステージ。毎日のしあわせを大切に暮らしましょう!

無料設計相談申込み受付中

家の間取りについて、「こんな家に住みたい!でもできるのかな?」というお悩みや、「こんな暮らしがしたい!でもどんな家にしたらよいかわからない」など、頭に思い描いているイメージを現実的に考えるお手伝いを承ります。
設計相談は無料です。メールでの返答も受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。