Original

ママのあこがれ「ママコーナー」とは?

ママの日記や家計簿、子どもたちのプリント、お料理のレシピ本や雑誌を整理。たまにはネイルをしてみたり、女性としての楽しみを思い出すママ専用のスペース。これを『ママコーナー』『家事コーナー』『ママスペース』『ミセスコーナー』などの呼び名で、最近では間取りに取り入れられる方も大変増えてきました。そんなママコーナーの魅力をお伝えしたいと思います。

ママコーナーのタイプ

1.個室型ママコーナー

ラグジュアリーなキッチン横に設けられたママコーナー。ネイルやお化粧が趣味の奥様など、お友達を呼んでサロンとしても使えそうですね。

こちらもキッチンの裏に設けられたママコーナー。たくさんの本棚にソファーもあってゆっくりと寛ぐことができますね。

個室型は、この部屋だけにちょっと華やかな壁紙を使ったり、思いっきり女性を楽しむような内装をしてみるのも楽しみの一つ。自分時間を演出するママコーナーは気分が高まる大好きな空間にしたいですね。

2.食品庫にママコーナー

食品庫とママコーナーを同じ個室内に作るスタイルです。キッチンの外からは、机の上などが見えないので、子どものプリントなどで散らかっていても安心ですね。

3.カウンター型ママコーナー

キッチンの近く、浴室の近くにカウンターを設けママコーナーとするスタイルです。雑誌やパソコンなどを置くだけであれば充分なスペース。このタイプが一番スタンダードになります。

 

4.寝室のママコーナー

 

 

手芸が趣味、絵手紙をかくのが趣味など、夜も趣味に没頭して過ごしたいママには寝室のママコーナーもおすすめです。

 

5.2Fホールのママコーナー

 

 

2Fのホールはサンルーム代わりに洗濯物を干す方も多いです。2Fのママコーナーではアイロンがけや洗濯物をたたむのに活躍します。

 

まとめ

ちょっとした工夫で、ママ専用のスペースが作れます。どのような用途で使うのかを明確にすると、どこに設置するのがベストか見えてきそうですね。

ママコーナーはみんなのあこがれ♪ママが少しでも楽しく家事ができるような工夫を取り入れ、しあわせなママライフを送りたいですね。

↓よろしければ、こちらも参考にどうぞ♪

 

■■■■■関連記事■■■■■

キッチンの種類について

ママが喜ぶ家事動線

 

IETATEYO!編集部 加藤

IETATEYO!編集部 加藤

家づくりはちんぷんかんぷん!ですよね。お客様の目線に立って、かゆいところに手が届く情報発信をしていきたいと思います。 一生に何度とない家づくりの体験を、忘れられないくらい楽しい時間に♪が目標です。 家は暮らしのステージ。毎日のしあわせを大切に暮らしましょう!

LIFE STYLE MAGAZINE(ママ&子ども )ダウンロード

「FOR MOTHER」
もっとママを楽しもう。 ママが楽しい毎日を送るのためのポイントを集約。
「FOR CHILDREN」
子どもたちのワンダーランド。 家が一番楽しい場所になるポイントを集約。

この2つのカテゴリーの家づくりのノウハウを一気に習得できる1冊です。
アイデアの参考にぜひご活用ください。