Original

I型 対面キッチンの活用法・施工例

I型キッチンとはどんな形でしょうか?

I型キッチンの定義やメリット・デメリットやどんなデザインがあるのかご紹介します。

1.I型キッチンとは?

 

-I型キッチンの定義-

シンクや調理機器、調理台、キャビネットを横一直線に並べたキッチンのことを指します。一般的な住宅で一番よく使われています。対面キッチンとして配置する際にはキッチンの前にカウンターや腰壁ができるので、手元は隠れるセミオープンタイプのキッチンになります。

-メリット-

キッチンまわりは雑多な物も多いですよね。カウンターの高さを調整する事で、手元の洗い物や調味料などを隠す事ができるので、少々雑多にしていてもスッキリ見えるのが嬉しいポイントです。カウンターは収納としても使えるため、実用的。壁のつくり方次第で、アイランド風、ペニンシュラ風にも作ることができます。

-デメリット-

壁付けキッチンにする場合、横長の動線になるので、作業効率が悪くならないように注意が必要です。またリビングから丸見えになってしまうので、綺麗に保つ工夫が必要になります。

 

では、施工例を見ていきましょう。

2.I型 対面キッチンの施工例

IHの前に壁を設置すると、油はねやにおいがリビングに流れる事を防ぐことができます。キッチンの前の腰壁を設置する事で、手元が隠れるので、リビング側から見るとスッキリして見えますね。

もう少しシンクよりまで壁を設けると、飾り棚なども作ることができてインテリアのポイントにもなりますね。キッチンの前にカウンターを作る事もできますので、ダイニングスペースを取らず、リビングを広々使う事が出来ますね。

キッチンを一段下げて、キッチンカウンターをダイニングテーブルとしても使えるようにつなげてみると、段差があることでキッチンとの空間を分けつつ、ミニマムなスペースでオシャレで使い勝手の良いダイニング空間にすることができます。

アイランド風にまとめたキッチンは回遊できるように両側を通れるように工夫。腰壁には収納を設けてあり、より実用的です。

カウンターのイスではなく、畳の小上がりを組み合わせた例です。食事の後にゴロンと出来たり、来客時にはベンチとしても活用できます。

壁付けのキッチンの背面には冷蔵庫置き場と作業用としても便利なカウンターを設置し、対面キッチン風に。リビングからはキッチンが見えますが、カウンターがあることで印象をスッキリとみせています。冷蔵庫も背面にあるので、動線も短く作業効率も良いですね。

IHキッチンの前に壁をつくらないタイプにすると、ペニンシュラキッチンのような解放感がありつつ、手元が見えないので、生活感を隠すことも可能です。

まとめ

I型キッチンを対面キッチンとして使う方が一番多いです。だからこそ、使い方や作り方はいろいろな方法があります。また、キッチンの扉カラーや使う素材などでキッチンの印象はだいぶ変わります。

一番使いやすく、楽しく料理ができるキッチンスタイルを探してみましょう。

■■■■■関連記事■■■■■

キッチンの種類について

ママのあこがれ「ママコーナー」とは?

ママが喜ぶ家事動線

アイランドキッチンとは?

ペニンシュラキッチンとは?

IETATEYO!編集部 加藤

IETATEYO!編集部 加藤

家づくりはちんぷんかんぷん!ですよね。お客様の目線に立って、かゆいところに手が届く情報発信をしていきたいと思います。 一生に何度とない家づくりの体験を、忘れられないくらい楽しい時間に♪が目標です。 家は暮らしのステージ。毎日のしあわせを大切に暮らしましょう!

無料設計相談申込み受付中

家の間取りについて、「こんな家に住みたい!でもできるのかな?」というお悩みや、「こんな暮らしがしたい!でもどんな家にしたらよいかわからない」など、頭に思い描いているイメージを現実的に考えるお手伝いを承ります。
設計相談は無料です。メールでの返答も受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。