Original

二世帯住宅がもっと暮らしやすくなる9つのアイデア

二世帯住宅を建てる際に『あったらいいな』のオプション要素を9つご紹介。

お互いに尊重しあい、支え合いながら暮らす二世帯住宅。一緒に暮らす楽しさがアップするような無理のない生活形態を。

二世帯住宅が暮らしやすくなる9つのアイデア

1.セカンドリビング

二世帯でもそれぞれの寛ぎの時間が違ったりするものです。2階のホールなどを利用すると子世帯が自由に寛げるリビングになります。

→セカンドリビングについて詳しくはこちらを

2.ミニキッチン

 

ミニキッチンと小さめの冷蔵庫、カウンターなどを設けてしまえば、2階でも夜食の準備、お弁当、朝ご飯の準備なども可能です。

3.書斎

ご主人専用の書斎は、仕事や趣味の時間を一人で過ごすのに最適な場所。寝室やクローゼットの一角にも作ることができます。

4.寝室リビング

寝室を広めにとって、テレビやソファを置けるスペースをつくる寝室リビング。就寝前の寛ぎの時間を演出します。

5.シャワールーム

 

1階のお風呂とは別に2階にシャワールームを設置できます。時間を気にせず入れるので出勤前や進学期などの朝シャワーなどに便利です。

6.ヌック

 

ママ専用の家事室。子どものプリントや写真などを整理したり、ママの趣味部屋としても活用できます。

7.小屋裏リビング

2階の小屋裏部分に階段やエアコンを設置すると、天井は低いですが隠れ家のような秘密基地のような場所になります。夫婦で夜に映画を見る場所や、趣味のスペースとしても活用できそうです。

8.ランドリーサンルーム

 

洗濯物は各世帯で分けたいという場合、洗濯機を置けるコーナーを作ってしまうという方法があります。サンルームの中に洗濯機を置けば干すのも楽々です。

9.サービスヤード

2階にもキッチンがある場合、ゴミ置き場に困ることも。そんな時は、キッチンや食品庫につながる小さなベランダがあると便利です。

 

まとめ

二世帯住宅の場合、親世帯・子世帯の生活スタイルの違いが生じることもあります。

お互いに無理のない居心地のよい家にするために、ちょっとした工夫を加えてみると良いかもしれません。

↓よろしければ、こちらも参考にどうぞ♪

IETATEYO!編集部 加藤

IETATEYO!編集部 加藤

家づくりはちんぷんかんぷん!ですよね。お客様の目線に立って、かゆいところに手が届く情報発信をしていきたいと思います。 一生に何度とない家づくりの体験を、忘れられないくらい楽しい時間に♪が目標です。 家は暮らしのステージ。毎日のしあわせを大切に暮らしましょう!

無料設計相談申込み受付中

家の間取りについて、「こんな家に住みたい!でもできるのかな?」というお悩みや、「こんな暮らしがしたい!でもどんな家にしたらよいかわからない」など、頭に思い描いているイメージを現実的に考えるお手伝いを承ります。
設計相談は無料です。メールでの返答も受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。