Original

憧れの吹き抜けのあるリビングのメリット・デメリット

吹き抜けとは、建物の1階から数階に渡って天井がなく上下がつながっている空間のことをさします。開放感のある吹き抜けのリビングはみんなの憧れ。広々とした天井の高さと、窓から差し込む光は本当に美しく、明るいリビングを演出してくれます。

でも、メリットばかりではありません。吹き抜けの空間を作ることでのメリットとデメリットをご紹介いたします。

憧れの吹き抜けのあるリビングのメリット・デメリット

吹き抜けのメリットとは…

1.開放感がある。

天井が高くなり、上部まで視線が抜け、横だけでなく縦にも空間が広がることで実際よりも広く感じることができます。その効果により、開放感のある空間を演出することができます。

2.明るい。

通常1階の窓しかない場合、光の入る角度は限られますが、2階まで吹き抜けになっていれば、通常よりも広い範囲で光を室内に取り入れることができます。昼間は電気をつけなくても過ごせるほど明るいリビングが実現します。また、お隣が近いなどの問題で日が入りにくい場合なども吹き抜けからの採光は効果があります。



3.家族の気配を感じる

床が無いので、吹き抜け空間は家族のつながりをダイレクトに感じることができます。リビングと2階で会話をすることも可能です。家の中でそれぞれの場所にいても、家族の気配を感じることができるので、コミュニケーションがとりやすい間取りになります。

4.空気が流れやすい

床が無いので、吹き抜け空間は低い窓から高い窓までの空気が流れやすい場所になります。窓を開けると風通しがよく心地よい空気の通り道ができます。

吹き抜けのデメリットとは…

1.冷暖房効率が下がる

吹き抜けを作ると部屋が広くなるので、冷暖房の効率は下がります。冬場は暖かい空気は上の方へ逃げていってしまいますし、夏場は外からの光が多い分熱くなる傾向にあります。

しかし、高性能のエアコンを設置したり、シーリングファンをつけるなど対策はあります。薪ストーブの場合などは、吹き抜け空間を利用して設置すると家全体があたたかくなります。

2.掃除が大変

どうしても手が届かない部分が出てきてしまうので、シーリングファンや、照明、窓のお掃除などは大変になりますので、場合によっては専門業者さんにお願いしなければならない場合もあります。

3.音が響く

1階のテレビの音や、話し声などが2階の子供部屋に届いてしまう場合があります。気配を感じる一方で完全にプライベートで静かな空間というのは難しいかもしれません。特に二世帯住宅の場合などは、音の問題も考慮したほうが良いでしょう。その他にお料理のにおいも2階まで届いてしまうので、換気ルートなども検討したほうが良いでしょう。


まとめ

みんなの憧れの吹き抜けのあるリビング。メリットとデメリットを踏まえたうえで、自分に最適なプランを組みたいですね。

吹き抜けに関するご質問やご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

■■■■■関連記事■■■■■

ウンノハウスの建築実例はこちら。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

吹抜が住まいの中心。光と風をデザインした家




IETATEYO!編集部 加藤

IETATEYO!編集部 加藤

家づくりはちんぷんかんぷん!ですよね。お客様の目線に立って、かゆいところに手が届く情報発信をしていきたいと思います。 一生に何度とない家づくりの体験を、忘れられないくらい楽しい時間に♪が目標です。 家は暮らしのステージ。毎日のしあわせを大切に暮らしましょう!

無料設計相談申込み受付中

家の間取りについて、「こんな家に住みたい!でもできるのかな?」というお悩みや、「こんな暮らしがしたい!でもどんな家にしたらよいかわからない」など、頭に思い描いているイメージを現実的に考えるお手伝いを承ります。
設計相談は無料です。メールでの返答も受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。