Original

家事ラク?ママがうれしい回遊型の間取りとは?

『回遊型』という言葉のついた間取りをご覧になったことはありますか?

最近、家事効率が良いとママに人気のキーワードになっています。なぜ、回遊型の間取りが家事効率が良いのかをご説明します。

家事ラク?ママがうれしい回遊型の間取りとは?

1.回遊型の間取りとは?




回遊型とは、上記のようにどこかを中心に回遊できる動線が室内に存在することを言います。キッチンを中心に回遊できる場合もあれば、階段を中心に回遊できる場合もあります。

行き止まりのない動線で、ぐるぐる回ることができます。

2.回遊型のメリット


キッチンと浴室が近いと、お料理や洗いものをしながら洗濯ができたり、お風呂掃除ができたり、子供をお風呂に入れている時などは、『ママ~』と呼ばれてもすぐ行けます。朝の忙しい時間には、洗面室が近いとメイクなど身支度も家事の合間にできてよいですね。

動線が短いことが、家の中を何往復もするママにとって、とても楽になる動線といえます。


玄関や勝手口からキッチンへのアクセスも、リビングを通らなくても可能になり、お客様がいらっしゃる時などにとても便利です。お買い物をしてきた重い荷物も最短ルートでキッチンや食品庫に運ぶことができます。このような『裏動線』としての役割もあります。


このように洗濯動線に注目した回遊型の間取りもあります。

洗濯する➡干すt➡畳む・アイロンがけ➡W・I・Cが近くて回遊できると最短ルートで洗濯ものに関する家事をこなすことができます。

2階に物干し場がある場合も、家事動線と階段の位置などを考慮し、キッチン・洗面・階段の動線が近いことで洗濯動線を短くすることができます。

4.回遊型のデメリットは?


回遊型にするために、食品庫を3面使えなかったり、扉をつけなければならなかったり、間取りによっては出入口や通路の分で多少面積が嵩む場合があります。

まとめ

毎日の家事動線は暮らしの上ではとても重要なポイントです。毎日の家事の大変なところを少しでも減らせる工夫ができると良いですね。間取りの工夫次第で、ママの家事のラクラクに。笑顔があふれる毎日になりますね。

回遊型の家事動線に関するご質問やご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

■■■■■関連記事■■■■■

ウンノハウスの建築実例はこちら。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

家事がらくらく回遊動線の家


回遊できる和室と洗面室が便利な家


和とモダンの融合 凜~Rin~




IETATEYO!編集部 加藤

IETATEYO!編集部 加藤

家づくりはちんぷんかんぷん!ですよね。お客様の目線に立って、かゆいところに手が届く情報発信をしていきたいと思います。 一生に何度とない家づくりの体験を、忘れられないくらい楽しい時間に♪が目標です。 家は暮らしのステージ。毎日のしあわせを大切に暮らしましょう!

無料設計相談申込み受付中

家の間取りについて、「こんな家に住みたい!でもできるのかな?」というお悩みや、「こんな暮らしがしたい!でもどんな家にしたらよいかわからない」など、頭に思い描いているイメージを現実的に考えるお手伝いを承ります。
設計相談は無料です。メールでの返答も受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。