家づくりの流れ~注文住宅編~

一般的な注文住宅を建てる時の流れとして、土地は未定の方を想定しています。
進め方は前後する場合がござますが、理想的な流れをご紹介しています。
※ウンノハウスで建築した場合をベースにしております。

資料請求&建てたい家のイメージを持つ


家と言ってもいろんなメーカー・工務店があり、どこに行ったら良いか分からないですよね。
まずは、気になる会社から資料請求をしてみたり、雑誌やインターネットをみて、建てたい家のざっくりとしたイメージを持ちましょう。

展示場や見学会に行ってみる


イメージや方向性が見えてきたら、気に入ったメーカーや工務店の展示場やモデルハウス、または完成見学会などに出かけてみよう。
展示場ではその会社ならではの特徴がわかりやすく比較できるのがメリット。モデルハウスや完成見学会は、等身大の住宅を見ることができるので、具体的なイメージをふくらますのには最適。

おおよその予算を決めよう


住宅ローンを借りる場合、どのくらい借りられる金額があるのか、インターネットなどでおおよそのシュミレーションなどができます。
また、現金としていくら頭金として入れることができるのかも合わせて試算する必要があります。
もっと具体的な金額を知りたい場合は、銀行の窓口で相談することもできます。

住みたい土地を選ぼう


お子さんが小学校に入る前であれば、入学後どこに住むのが一番最適なのかを考えるべきでしょう。
小学校入学後であれば、転校の有無も考えなければなりません。住みたい地域、周辺環境を考慮して探しましょう。敷地条件や地盤についてもチェックが必要です。ホームビルダーでも土地探しのお手伝いをしております。住みたい場所が決まったら、地盤調査をおすすめします。

気に入った会社にプランを作ってもらおう


予算や場所が決まってきたら、具体的な敷地調査を行い、具体的な設計プランとしてイメージを落とし込んでいきます。
家族同志での話し合いも大変重要で、欲しいものの優先順位などを明確にしておくと良いでしょう。
こうしたい!こんなのが夢!というお話を設計者に伝え、イメージを共有しましょう。

お見積り・契約


具体的なプランが出来たら、見積りを出してもらいましょう。何社か比較することも可能です。
そして、工事をしてもらう業者を決定し、工事請負契約を結びます。建築地の地質がどのくらいの強さかを、地盤調査会社が調査をはじめます。

住宅ローンを選ぶ


住宅ローンの返済方法を決めます。
各銀行の住宅ローンから、自分にぴったりの返済方法を選びましょう。
建築確認申請書の提出や金融機関へ事前申込み手続きなども発生します。

詳細打ち合わせ


住設機器、インテリア、エクステリアなど細かいところまで打ち合わせを重ねます。
コンセントの数や、カーテンや手摺など細かい素材を選んでいきます。

地鎮祭・着工・上棟


ご家族の安泰、工事の安全を願い地鎮祭を行います。敷地に建物が建つ場所を示す地縄を張り、建物の位置を確認します。
ご近所にご挨拶を行い、いよいよ着工。屋根まで立ち上った段階でご希望により上棟式を行います。

工事・検査・お引渡し


建物が立ち上り、屋根・外装・内装・住設機器が設置されご自宅が完成。お引渡しまでにたくさんの検査をクリアし、お引渡しとなります。

点検・アフターメンテナンス


お引渡しのあともアフターメンテナンスや定期点検などでお付き合いが続きます。
不具合があった時にすぐに駆けつけてもらえる体制があるかないかも重要なポイントです。